[PR]

腰痛を治すゴットハンド

腰痛にお悩みの方は非常に多く、日常生活にも大きな支障をきたし、一刻も早くこの痛みを改善したいと考えて医師を探しているでしょう。

腰痛と言えば整形外科ですが、残念ながら骨の異常のみられない腰痛に関しては整形外科でも本当に正しい治療法を示してくれる病院は少ないです。

というのも、身体のバランスが崩れて腰に負担がかかっているという、明確な原因が骨や関節から見つけられない腰痛の場合、対症療法以上のことができない医師も多いのです。

リハビリや腰痛体操を指導してくれる医者もいますが、腰痛を専門にしているわけではないので、多くの患者は完治にまでは至りません。

しかも、しばらく続けても改善しない、悪化したという場合には手術が検討されます。確かに手術で一時的には痛みが改善されるかもしれませんが、根本原因が解決しないまま行われる対症療法には変わりありませんから、結局また再発してしまうのです。

では、腰痛を治すにはどうしたらいいのでしょうか。答えは、腰痛を専門にしている医者や整体師のところに行くことです。

もちろん、整形外科医の中にもそのような名医、ゴットハンドはいらっしゃいます。どうしたら腰痛が治るかを良く知っているので、ゴットハンドの指導では基本的に手術は検討されません。

逆に、手術を検討されるような場合には、その方は話題だけが先行していて実際の腰痛への知識は一般的な整形外科とあまり変わらない可能性が高いので要注意です。

腰痛の改善においてゴットハンドと呼ばれる医師、整体師は患者数の割合で考えたら多くはないですが、それでも全国にそれなりの人数はいますので、自分が通える場所にいる先生をまず探しましょう。

とはいえ、そういった名前の知れている腰痛のゴットハンドはテレビ番組で紹介されたり、口コミで患者が殺到していて、予約がいっぱいになってしまいなかなか施術を受けられないということもあります。中には年単位で予約待ちという先生もいるそうです。

しかしそもそも、腰痛を一刻も早くどうにかしたくてゴットハンドを探していたのに、その施術を受けるまでに数年待たないといけないというのは非常に辛い状況です。

ゴットハンドの中には自分の腰痛治療の技術を後進に伝えてその施術が出来る人を増やしている方もいますから、そういったお弟子さんを探してみるのもいいでしょう。

有名な人であればそのお弟子さんも予約待ちがある可能性は高いですが、ゴットハンド本人よりは待ち時間は短くすむはずです。

そしてもうひとつ、別の方法も考えられます。腰痛のゴットハンドは腰痛治療のスペシャリストであり、そのノウハウを医療に詳しくない素人でもわかりやすく書いて本を出版していることがあります。

もちろん、本当であれば専門家に直に診てもらうのが良いのですが、予約待ちが長すぎるのであれば、そういった出版物を利用して独自に腰痛の改善を目指すという方法もあります。

そのような個人でできる腰痛改善法を紹介しているゴットハンドの1人に、中川卓爾先生がいます。現在までにいくつもの本を出版しているだけでなく、腰痛体操をより効果的に、誰にでも簡単にできるようにしたストレッチングベンチという器具も開発されています。

特にストレッチングベンチは実際に中川先生の施術院でも使用されているものなので、しっかりと毎日地道に続ければ、その効果はかなり高いと思って良いでしょう。

こういった商品であれば、いつでも注文できるので長い予約待ちはありません。ゴットハンドに診てもらいたいけれど待ち時間が辛い、という方は、こういったゴットハンドの手による器具や書籍を利用して改善を目指してみてはどうでしょうか。

お薦めサイト一覧

腰痛が原因で車を売りたいと考えている人はこちらのサイトをご覧ください

五十肩でお悩みの方は五十肩治療の専門サイトをご覧ください。

変形性膝関節症の治療でお困りの方はこちらのサイトをご覧ください。

腰椎分離症を治すことができる唯一の方法はこちらからご覧いただけます。

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射119番をご覧ください。

新着情報

 2016年09月18日:TOP
 2016年09月12日:健康で快適な毎日を送るために
 2016年08月22日:名医と手術